作者別: 運営者

こまめにトイレ掃除

トイレ掃除トイレのつまりを防止する方法としては、こまめにトイレの掃除をすることもお勧めです。トイレ内に雑菌などが繁殖してしまうと、それによってトイレ内の排水システムが劣化してしまうことが起こり得るからです。それを防止するためには定期的にトイレの掃除をするようにすると良いでしょう。いつも清潔にトイレを掃除しておけば、雑菌などが繁殖してしまう可能性を大幅に減らすことが可能になります。簡単に掃除をすることを可能にしてくれる便利グッズも色々と販売されていますので、大きな負担を感じることなくトイレの掃除をすることが可能になるでしょう。

また、トイレの掃除をする場合には汚れを落とすために多くの水を流すことになるでしょうが、普段から十分な量の水を流しておくこともトイレのつまりの予防につながります。節水は美徳と考えられていますが、過度の節水をしてしまいますとトイレに十分な水が流れなくなってしまいますので、配管などに紙などがつまってしまうことになります。

トイレがつまりやすいと感じる時には、トイレに流す水量を少し増やしてみても良いでしょう。自分でやるのが難しい場合には専門の業者に相談して水量を調整してもらうようにしましょう。

配管

トイレの配管トイレのつまりを防止する方法としては、トイレの配管を新しい物に交換する方法がおすすめです。トイレのつまりの原因はほとんどが、配管のトラブルによるものだからです。トイレの配管は内部から劣化してしまうことが多いものです。このような劣化がトイレのつまりの原因になってしまいます。新しいテクノロジーによって開発された新素材の配管に交換してしまえば、トイレの劣化を確実に防止することが可能になります

新品のトイレのうちこまめに掃除していればそれほど気にする必要はありませんが、トイレが少し古くなってきたと感じたら、更にはトイレの流れが悪くなってきたと感じるようなことがあったら、トイレの配管を交換してしまうことを検討してみると良いでしょう。もちろん大掛かりな工事になりますので専門の業者に仕事を依頼することになります。トイレを常に快適に気兼ねなく使うことが可能になりますので、おすすめの方法と考えることもできます。

しかしながら、かなり古い家屋の場合にはトイレの配管を交換することが難しい場合もありますので、そのような場合にはこまめにトイレのケアをしてできる限りトイレのつまりが起きないように日ごろから心がけていくことが必要になります。

クリーナ―を活用

トイレクリーナートイレのつまりを予防する方法として、トイレ用のクリーナーを使うという方法も考えられます。トイレの配管にだんだんと便や紙が詰まってしまうと、だんだんとトイレの流れが悪くなってしまってそれによって最終的にトイレが流れなくなってしまいます。ですから、つまりが軽度のうちであれば簡単にトイレのつまりを改善できますので、こまめにクリーナーを用いるのがお勧めです。クリーナーは非常に簡単に使うことができるのでおすすめです。

便器の中にクリーナーを入れて、しばらく待ってからトイレを流すようにするといいでしょう。定期的にクリーナーを使っていくことで、トイレのつまりをかなりの確率で予防できるようになるはずです。芳香性のクリーナーですとさわやかな気分も堪能できますので、おすすめです。

また、日用雑貨店などで市販されているつまりを解消する道具を使ってみてもいいでしょう。少し力がいりますが、流れやすさを改善することが可能になります。これらの道具は非常に便利なものですが、つまりの症状が深刻化してしまうとあまり効果を持たなくなりますので、こまめにトイレの掃除を行ってトイレのつまりを予防していくことがおすすめです。ついでにトイレの掃除もして、トイレを快適に使えるようにすると良いでしょう。

トイレのつまりは物を落とさない

トイレットペーパートイレは非常に精巧に作られていますので、適切ではない物を流してしまうと途端にトイレのつまりの原因になってしまいます。トイレでは便と専用の紙以外を流してはいけないということを理解しておくことが必要です。同じような材質だから問題ないだろうということでトイレットペーパー以外の紙を使ってしまうと、トイレつまりを誘発してしまうことになりますので注意が必要です。

生理用品などを流してしまうこともトイレのつまりの原因になってしまいます。トイレに物を落としてしまうこともトイレがつまってしまう可能性を大きくしますので、すぐに拾って回収しなくてはなりません。トイレの中に手を入れるのは躊躇してしまうかもしれませんが、放置してしまうと大きなトラブルに巻き込まれてしまいますので、そのまま物を流してしまうのは避けたほうが良いでしょう。

自宅のトイレのそばには、間違って生理用品などを流してしまうことが無いようにゴミ箱を設置するといいでしょう。そのほか、同様の理由でおむつを流してしまうことも避けなくてはなりません。また、トイレットペーパーも一度に大量の物を流してしまうとトイレのつまりの原因になりますので、注意が必要です。トイレがつまってきたようにかんじたら、お湯などをトイレに流してトイレのつまりを解消するようにするといいでしょう。トイレットペーパーはお湯の方が良くとけますので、つまりが解消されるようになるはずです。多量のお湯を流すのがコツです。またトイレクリーナーを使う方法もありますので、次回説明していこうと思います。